声を出して挨拶してる?

「いってらっしゃーい、気をつけてね♪」

毎朝夫を玄関で必ず笑顔で送りだしています。

いつからなのかな〜、結婚当初からではなかった習慣(笑)

新型コロナの影響でこの一年は自宅にいる機会が多かったけれど

それまでは夫も出張が多くて、私も月に1/3から半月近く出張で

一緒に自宅のタイミングが1週間ぶりみたいなこともあった我が家。

出張中や海外の時(現地についたLINEのみ)も連絡をとることもないですし。

「○日夕食までに帰るからよろしくねー」みたいな感じでお互いに玄関先で話すんですよ。

なので、お互いに会わない間は元気でね!と笑顔で。

この言葉の背後には、この瞬間が生きている最後かもしれないという思いがあるから。

縁起でもないと思うかもしれないけれど

もしかしたら事故にあうかもしれない

もしかしたら体調急変して間に合わないかもしれない

みたいなニュースのような不測の事態は誰にでもあり得ます。

だから、残された私または夫が相手の最後の表情の記憶は笑顔であってほしいのです。

そして帰ってきた時に

「ただいま」「おかえり」

と笑顔で迎える挨拶をする。

これは朝の「おはよう」

寝る前の「おやすみ」も同じ。

だって毎朝目覚めて新しい1日を迎えることも奇跡なんですから。

その想いが強くなったのは

10年前の今日、東日本大震災。

我が家は山梨県甲府市に住んでいる時でした。

ちなみに3/10に長野県松本市に転勤辞令が出て引っ越し準備をしようとしてた矢先のこと。

当時、世間は「絆」の意識が強くなってましたよね。

毎日相手がいて話して笑って食べて

これって当たり前じゃない、奇跡を感謝したいと思いませんか。

だから家族にもその日出会う人にも笑顔で挨拶するように目標にしてみてもいいですよね。

いきなり無理〜、だったら

「まず今日○○さんに1回やってみよう」と目標設定してみて。

1回できたら目標達成!

続けていくと自分でも自然にできる回数が増えていきます。

これはある男性から聞いた経験談です。

大企業勤務で自社ビル内でも特に挨拶しない状態だったそうです。

あるプロジェクトチームのリーダーなのですがチームもイマイチ他人行儀で冷めた雰囲気。

“コミュニケーションにはまずは笑顔で挨拶だ”

と考えた末、彼は

チームメンバーに大きな声を出して挨拶しはじめたそうです。

さらにビルですれ違った社員たちにも

「おはようございます」

としっかり声を出して挨拶しはじめたそうです。

いきなり挨拶された人はビックリ、無言で頭を下げる程度。

それを毎日、毎日続けました。

するとどうなったと思いますか?

 ↓

 ↓

 ↓

何百人といるビル内で無言で返される挨拶に変化が起こってきました。

少しずつ声を出して挨拶する人がでてきたそうです。

笑顔で挨拶する人も増えてきて、

ビル内で自然と挨拶する雰囲気になったんです!

さらにプロジェクトチームも挨拶からコミュニケーションが円滑になって

目標以上の成果をあげるという素晴らしい結果に。

その男性は新しいチームビルディングも任されることになりました。

これは企業内でのことだけど

家庭や人間関係にも当てはめることができます。

苦手な人、うまくいっていない時も

自分から笑顔や挨拶することで関係性の変化につながる一歩かも。

もう一度繰り返しますが

「まず今日○○さんに1回やってみよう」と目標設定してみて。

続けていくと自分でも自然にできる回数が増えていきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる