気配りと気遣い

この記事は1分で読めます

あなたは気配りのできる人ですか?

それとも

あなたは気遣いのできる人ですか?

 

私は気配りのできる人でありたいと思っています。

 

気配りと気遣い
ほとんど同じ意味じゃないの?

と思われる方も多いですよね。

 

字から見てみましょうか。

気配り=気を配る

もっている自分の気(エネルギー)をみんなに配る

エネルギーレベルがいっぱいでシェアする感じ、
シェアしても配ったお礼が形を変えてやってくる。

ポジティブな感じしますよね。

 

一方

気遣い=気を遣う(使う)

もっている自分の気(エネルギー)をみんなに使う

エネルギーを消費してエネルギー切れになる

ネガティブな感じしますよね。

辞書でも遣う(使う)には

「物・金・時間などを費やす、消費する」

とあります。

 

実際に気遣いの人は

カラータイプでいうと協調タイプが傾向としてあるかも。

優しい方なので人の役にたちたいんだけど

自分の感情ややりたいことを抑えて、制限して

人のためにやっているのに報われない・・・

そういうふうに相談されるケースも多いんです。

 

じゃあ、どうしたら気配りの人になれるのか。

消費モードから供給モードへの変換!

 

「エネルギーを循環させよう」

というのは私の講座やメルマガすべてで

何度もお伝えしていることです。

 

一番簡単ですぐにできることは

声をだして笑うこと。

エネルギーレベルをすぐに満タンにしてくれます。

 

笑顔は他の人にも伝染する=いい気(エネルギー)を配ってる

ってこと。

笑いヨガで素敵な人たちって

本当に気配り上手なんですよ。

 

ポジティブなエネルギーを自然にシェアできちゃってるんですよね。

見返りを求めない気配り。

 

笑っていれば何でも解決したりするわけではないけれど

気持ちの切り替え、気配り上手になって

もっともっと輝くあなたに間違いなくなれます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。