シン・ゴジラvsエヴァンゲリオン交響楽

この記事は1分で読めます

シン・ゴジラといえば昨年「君の名は。」と並び 大ヒット映画、日本アカデミー大賞最優秀作品賞になりましたよね。 エヴァンゲリオンの強力タッグ 庵野秀明監督と音楽は鷺巣詩郎さん。 今回その世界観の交響楽に行くことができました。 オーケストラとバンドとの融合、 元祖ゴジラの伊福部 昭作曲のテーマや ゴジラからエヴァンゲリオンへのメドレーとか もうカッコイイし美しいし。   「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんに CDにサインしていただきラッキーでした。   共通の終末観が庵野監督ありますよね。 東日本大震災の時もそうだったけど 日本はいざという時団結できる強さがあると思いたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。