「カラー読心術」が発売されました

この記事は1分で読めます

カラータイプ・インストラクター協会会長で、カラータイプを考案された 河野万里子先生の著書「カラー読心術」が1/10に発売されました。 誰でも楽しく読めて日ごろのコミュニケーションのヒントになるものがいっぱいicon12 本の紹介文の一部抜粋しますね♪ 他の色も気になってきますよ~face02 誰にでも色の好き嫌いはありますが、 実は、色には多くの人が同じように感じる 固有のメッセージがあります。 そのメッセージがOKなら好き、 NGなら嫌いと感じているのです。 例えば、 黒には「孤独」「威厳」 裏を返せば「友だちいない」「近寄りがたい」 黄色には「ユーモア」「フレンドリー」 裏を返せば「空気が読めない」「重みがない」 といった具合に。 色の仕事をしている方にも持っていてほしい一冊です。 例えば目次抜粋として ・政治家はなぜ『赤』のネクタイをつけたがるのか ・純白のウエディングドレスには隠された意味がある ・Facebookの『青』とmixiの『オレンジ』 ・『茶色』と『緑』で癒しを演出するスターバックス コーポレートカラーやイメージ演出、色彩心理が 興味深く書かれています。
【送料無料】カラー読心術 [ 河野万里子 ]

【送料無料】カラー読心術 [ 河野万里子 ]
価格:1,470円(税込、送料別)

本の最初には、カラータイプの相関図も載っています。 カラータイプはより今の自分を知る性格診断になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。